クレジットカードのランク:ゴールドカードなど

クレジットカードにも種類=格差があります。

普通のクレジットカードと使い方は変わらないのですが、その使用頻度や信用力によってランク付けがされています。要するにお金持ちにはお金持ちのカードがあるということです。
一般的なクレジットカードの上に、ゴールドカードがあるのはご存知の方も多いと思います。年齢的には30代以上で年収が500万円以上、年間決済額が200万円以上という目安がありますので、原則としてはそれを満たしている人しか持つことは出来ません。年会費も一般のカードなら無料のものがあるのに対して、6000円~25000円程度と、かなり高めの設定になっています。ゴールドカードと呼ばれるカードは表面が金色でゴージャスな雰囲気を醸し出していますが、これは勝手にしてはいけないそうです。ゴールドカードとしての機能を持ったカード以外は勝手にカード表面を金色にしてはいけないので、金色のクレジットカードは全てステータスシンボルであるゴールドカードだと思って良いと思います。

かつてはゴールドカードが最上位のカードだったのでゴールドカードがステータスシンボルとして唯一無二でしたが、現在ではその上のプラチナカードが存在します。当然ながら審査基準はさらに厳しくなります。ゴールドカードまでは欲しいと思ったら申し込めば審査を開始してくれるのですが、プラチナカードはカード会社が優良顧客に対して招待を行うという形でしか入会できません。このあたりもプラチナカードの価値を高めるための戦略だと思います。現在ではさらに上位にブラックカードなる最強カードがあるためにステータス感は薄れている面もありますが、それでもゴールドカード以下のカードでは味わえない独特のサービスがたくさん受けられます。まさに「地獄の沙汰も金次第」と言わんばかりのサービスばかりなので、その分かりやすさがまた面白いです。
ゴールドカード、プラチナカード、そしてその最上位に君臨するのがブラックカードという最強カードです。名前の通り、ブラックカードは表面が真っ黒です。ブラックというと、支払い不能になった人が掲載されるブラックリストを連想しがちですが、このブラックカードはそれとは全く対照的な最強のステータスシンボルです。これもプラチナカードと同様にカード会社からの招待が無いことには申し込むことすら出来ません。カード会社も詳細について一切公表していないのでベールに包まれているのですが、美容整形医院「高須クリニック」の代表である高須院長はブラックカードの保有者であることを自ら公言していることで有名です。高須院長が話していたことによると、飛行機に乗り遅れそうになった時に、ブラックカード保有者であるという理由で飛行機の離陸を待ってくれたことがあるそうです。ホテルはどこを申し込んでも自動的にスウィートルームになるとか。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: クレジットカードのランク:ゴールドカードなど

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://creditcard.infoippo.com/mt41/mt-tb.cgi/453

コメントする

このブログ記事について

このページは、 ippoが2008年3月18日 08:14 に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「クレジットカードの負の情報」です。

次のブログ記事は「クレジットカードに加入する際の特典」です。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ で見られます。