クレジットカードの最近のブログ記事

クレジットカードの入会審査について

クレジットカードのクレジットとは信用という意味です。

その人の信用力をそのまま限度枠としてクレジットカードに反映されるので、クレジットカードを持っている人は支払い能力についてある程度の信用があるということになります。
支払い能力があるということは定期的な収入がある、つまり仕事をしているということなのでそれが社会的な信用としてみなされます。

逆に考えると、クレジットカードはそのような信用の無い人には発行されません。
それを判断するためにクレジットカード会社は入会申し込みがあったら、その人に対して一定の審査を行います。
ほとんどのカード会社は申し込みした人の自宅に本人確認の電話を入れます。
これは記載されている電話番号にかけて本人が電話に出るかどうかによって、電話番号が本当なのかどうかを調べます。
次に在籍確認と言って勤め先に電話を入れて確認を行います。
これによってその人が申し込み時に勤務先として記入したところに本当に在籍しているのかを確認します。
この2点が確認できた時点でその人に特別な事情がなければカード審査は合格となり、クレジットカードが発行されます。
限度額がいくらなのかについてはその人の収入や信用状態によって変動します。

さて、クレジットカードを持ちたいと思っている人の全てが良好な信用状態にあるとは限りません。
中にはそうでない人もいるわけで、実はそんな人ほどクレジットカードを欲しがっていたりします。
なぜなら、クレジットカードがあればその時にお金が無くても買い物は出来るからです。
もちろん後で支払うことになるのは言うまでもありませんが。
そんな人は少しでも審査の甘いクレジットカードは無いかという情報を求めています。
実際にはカード会社によってそんなに審査基準に差はあるのでしょうか。

結論から申し上げますと、確かにあります。それはカード会社の性質というよりはそのカードをどれだけ世に広めたいと思っているかによります。
つまり、どうしても自社のカードを広めたいという方針を持っているカード会社なら審査は当然甘くなりますし、逆の場合は当然厳しくなります。
いわゆるハウスカードと呼ばれているカードは審査が甘くなります。
ハウスカードというのはカード会社と異業種の企業がタイアップしているカードです。
百貨店や家電量販店などがその典型で、本業は流通業ですが多角化の流れでカード会社を子会社に持っていたりします。
そういったカード会社は本業でない分リスクを取りやすく、また短期間に会員数を増やしたいという方針を持っているので審査は自ずと甘くなる傾向があります。

クレジットカードのランク:ゴールドカードなど

クレジットカードにも種類=格差があります。

普通のクレジットカードと使い方は変わらないのですが、その使用頻度や信用力によってランク付けがされています。要するにお金持ちにはお金持ちのカードがあるということです。
一般的なクレジットカードの上に、ゴールドカードがあるのはご存知の方も多いと思います。年齢的には30代以上で年収が500万円以上、年間決済額が200万円以上という目安がありますので、原則としてはそれを満たしている人しか持つことは出来ません。年会費も一般のカードなら無料のものがあるのに対して、6000円~25000円程度と、かなり高めの設定になっています。ゴールドカードと呼ばれるカードは表面が金色でゴージャスな雰囲気を醸し出していますが、これは勝手にしてはいけないそうです。ゴールドカードとしての機能を持ったカード以外は勝手にカード表面を金色にしてはいけないので、金色のクレジットカードは全てステータスシンボルであるゴールドカードだと思って良いと思います。

かつてはゴールドカードが最上位のカードだったのでゴールドカードがステータスシンボルとして唯一無二でしたが、現在ではその上のプラチナカードが存在します。当然ながら審査基準はさらに厳しくなります。ゴールドカードまでは欲しいと思ったら申し込めば審査を開始してくれるのですが、プラチナカードはカード会社が優良顧客に対して招待を行うという形でしか入会できません。このあたりもプラチナカードの価値を高めるための戦略だと思います。現在ではさらに上位にブラックカードなる最強カードがあるためにステータス感は薄れている面もありますが、それでもゴールドカード以下のカードでは味わえない独特のサービスがたくさん受けられます。まさに「地獄の沙汰も金次第」と言わんばかりのサービスばかりなので、その分かりやすさがまた面白いです。
ゴールドカード、プラチナカード、そしてその最上位に君臨するのがブラックカードという最強カードです。名前の通り、ブラックカードは表面が真っ黒です。ブラックというと、支払い不能になった人が掲載されるブラックリストを連想しがちですが、このブラックカードはそれとは全く対照的な最強のステータスシンボルです。これもプラチナカードと同様にカード会社からの招待が無いことには申し込むことすら出来ません。カード会社も詳細について一切公表していないのでベールに包まれているのですが、美容整形医院「高須クリニック」の代表である高須院長はブラックカードの保有者であることを自ら公言していることで有名です。高須院長が話していたことによると、飛行機に乗り遅れそうになった時に、ブラックカード保有者であるという理由で飛行機の離陸を待ってくれたことがあるそうです。ホテルはどこを申し込んでも自動的にスウィートルームになるとか。

クレジットカードの負の情報

これだけたくさんのクレジットカードが世に氾濫していると良い話ばかりではありません。

中にはちょっと怪しい話もチラホラ。カード犯罪や偽造カード事件などは明らかに犯罪行為なので論外ですが、違法と言い切れずグレーゾーンにあり、一部では注目を集めているものがあります。

これを読んでいる皆さんはあまりご存じないかも知れませんが、よくスポーツ新聞の広告欄に「クレジットカードのショッピング枠を現金化」というコピー文が躍っているのを見たことはありませんでしょうか。これは一体何でしょう?

クレジットカードには限度枠というのがあり、それは2つに分類されています。ひとつはショッピング枠と言って、そのカードを使ってお買い物を出来る限度枠です。もうひとつはキャッシング枠と言って、そのカードを使って現金を借りられる枠です。そもそもクレジットカードは買い物をするためのものですから、ショッピング枠よりもキャッシング枠は小さめに設定されています。例えばショッピング枠が50万円だとすればキャッシング枠は20万円と言った具合です。


話は変わって、あちこちの消費者金融からお金を借りて返済が苦しくなっている人のことを多重債務者と言います。収入がキチンとあって返済が出来ているのなら多重債務そのものは問題ではありませんが、資金繰りが悪くなって月々の返済が出来なくなってくると、パンクは時間の問題です。すでに消費者金融でお金を借りられる枠いっぱいまで借りてしまっている人がクレジットカードを持っている場合、注目するのはショッピング枠です。多重債務で苦しんでいる人ならそのキャッシング枠はすでに満杯になっていると思いますが、ショッピング枠は無傷に近い状態で残っているはずです。

そこで「カードを現金化」という業者の登場となるわけです。先ほどの例のように20万円のキャッシング枠をいっぱいまで使ってしまっている人のショッピング枠が50万円があるとすれば、それを現金化出来れば返済の足しに出来るはずです。

実際にこれらの業者はどうやって現金化しているのかと言いますと、ほとんどの場合は指定の窓口にて、カードで金券を買うように指示をしてそれを額面の80%程度で買い取ることによって現金化したり、自社でブランド物などをカード決済で販売してそれをすぐに買い取るなどの方法が取られます。この方法だと確かにショッピングをしながら現金を手にすることは出来ますが、額面は8割前後に減ってしまうことと、その支払い期日が必ずやって来ることをお忘れなく。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち クレジットカードカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはクレジットカード お得な情報です。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ で見られます。